自然の中に「暮らす」心地よさを真の「癒し」の住まい

新着情報

屋根のリフォーム

2015.03.22

新築して長い年数が経つとまず気になる箇所の一つが

「屋根」ですね。現在はあまり使用しませんが、以前は

セメント瓦造りの屋根が多く、10年から20年経つと表面

の塗料が劣化してそれを保護するために塗替えを行う

ことが多々あります。

今回のお施主様は2回ほど塗り替えたものの、雨漏りが

止まらずに屋根の葺き替えをご希望されました。

(施工前)

屋根をふき替える場合、元の勾配やどんな瓦が乗っているかに

よって次のご提案内容や費用が大きく変化します。

そんな中で最もコストを抑え、また家に乗っている荷重を大幅に

減らすご提案をさせていただきました。

 

(既存屋根 撤去状況)

 

(太陽熱温水器 下地補強状況)

 

(屋根瓦・瓦桟撤去完了)

 

(ルーフィング施工状況)

※以前のルーフィングも防水機能はあるので敢えて残します。

(軒板金状況)

 

(アスファルトシングル施工状況)

 

(同上)

 

(ジョイント・釘頭シーリング施工)

 

(アスファルトシングル施工状況)

 

(同上)

※工期も非常に短く、3日あれば完全に終わります。

 

(完了)

施工前と比較してみると、見た目も軽く実際の荷重は

約4200kg⇒約2010kgなりました。これで大きな地震が

発生した際も家が倒壊する確率は格段に減ります。

施工コストはコロニアルと同様ですが、コロニアルの場合

屋根下地を全てコンパネ等で覆ってからでなければ割れが

発生する可能性があるので施工が出来ません。

アスファルトシングルの場合、柔軟性と追従性があるので下地は

そのままで施工できる分、コストを抑えることが出来るのです。

屋根のリフォームをお考えの方はぜひご参考に(^^)/

 

page-top